4543円 排卵日検査薬 排卵日が約1日前にわかる!! 【第1類医薬品】チェックワンLH・2 排卵日予測検査薬 10回用×2箱(合計20回分) 医薬品・コンタクト・介護 医薬品・医薬部外品 医薬品 検査薬 第一類医薬品 排卵日検査薬 排卵日が約1日前にわかる 第1類医薬品 チェックワンLH 合計20回分 10回用×2箱 新作 人気 2 排卵日予測検査薬 排卵日検査薬 排卵日が約1日前にわかる 第1類医薬品 チェックワンLH 合計20回分 10回用×2箱 新作 人気 2 排卵日予測検査薬 shitomichi.com,医薬品・コンタクト・介護 , 医薬品・医薬部外品 , 医薬品 , 検査薬 , 第一類医薬品,4543円,【第1類医薬品】チェックワンLH・2,/despondence597578.html,排卵日検査薬,10回用×2箱(合計20回分),排卵日が約1日前にわかる!!,排卵日予測検査薬 shitomichi.com,医薬品・コンタクト・介護 , 医薬品・医薬部外品 , 医薬品 , 検査薬 , 第一類医薬品,4543円,【第1類医薬品】チェックワンLH・2,/despondence597578.html,排卵日検査薬,10回用×2箱(合計20回分),排卵日が約1日前にわかる!!,排卵日予測検査薬 4543円 排卵日検査薬 排卵日が約1日前にわかる!! 【第1類医薬品】チェックワンLH・2 排卵日予測検査薬 10回用×2箱(合計20回分) 医薬品・コンタクト・介護 医薬品・医薬部外品 医薬品 検査薬 第一類医薬品

排卵日検査薬 排卵日が約1日前にわかる 第1類医薬品 Seasonal Wrap入荷 チェックワンLH 合計20回分 10回用×2箱 新作 人気 2 排卵日予測検査薬

排卵日検査薬 排卵日が約1日前にわかる!! 【第1類医薬品】チェックワンLH・2 排卵日予測検査薬 10回用×2箱(合計20回分)

4543円

排卵日検査薬 排卵日が約1日前にわかる!! 【第1類医薬品】チェックワンLH・2 排卵日予測検査薬 10回用×2箱(合計20回分)



【排卵日を事前に把握することの重要性】
妊娠は卵子と精子が互いに生存している時期に出会うことから始まります。女性の体内での精子の生存期間が約2~3日であるのに対し、卵子は排卵後、約24時間しか生存しないといわれています。従って、排卵の前又は直後の性交が最も妊娠しやすく、妊娠を望む上で排卵日を事前に把握することはとても大切なことです。

【排卵日がわかるしくみ(測定の原理)】
黄体形成ホルモン(LH)は、女性ホルモンの一種で、普段から少量分泌されています。生理(月経)周期の中頃に短期間ですが、このLHの分泌量が急激に増加します。このLHの大量分泌をLHサージといい、LHサージから約40時間以内に排卵がおこるといわれています。「チェックワンLH・2排卵日予測検査薬」は尿中に分泌されるLHを検出し、LHサージをとらえるための検査薬です。排卵を予測する
ための方法の一つとして基礎体温が知られていますが、基礎体温と併せて検査を行うと、より排卵日の予測の補助として有用です。
この検査薬は、LHサージを検出するもので、排卵を確認するわけではありません。6周期検査をし、適切な時期に性交しても妊娠しない場合は、医師の診療を受けてください。
してはいけないこと 本品は、避妊目的に設計されておらず、検査結果が陰性であっても確実に避妊できるものではないので、避妊の目的で用いてはいけません。(本品は、排卵日予測の補助を目的とした検査薬であり、避妊目的には使用できません。性能上確実に排卵日を特定できるわけではありません。避妊法(経口避妊薬の服用等)を行っている人は検査を行わないでください。)

【相談すること】
1.次の人は、使用前に医師に相談してください。
不妊治療を受けている人
通常の性交を継続的に行っても1年以上妊娠しない人
生理(月経)周期が極端に不順又は経血量が異常など月経異常がある人
2.検査期間中、陰性が続きLHサージが確認できない場合は、早期に医師又は薬剤師に相談してください。
3.この説明書の記載内容で分かりにくいところがある場合は、医師又は薬剤師に相談してください。
その他注意 【検査時期に関する注意】
●1日1回検査をする場合:1日1回毎日ほぼ同じ時間帯に検査をしてください。
1日2回検査をする場合:1日2回(例えば朝夕)検査をしてください。毎日ほぼ同じ時間帯に検査をしてください。
【廃棄に関する注意】
●廃棄の際は尿の付着したもの、あるいはプラスチックごみとして各自治体の廃棄方法に従って廃棄してください。

【効能・効果 【使用目的】】
尿中の黄体形成ホルモン(LH)の検出(排卵日予測の補助)

【用法・用量 <検査のタイミング>】
下の表を参考に、ご自分の生理(月経)周期から換算して、次の生理(月経)開始予定日の17日前から検査を開始してください。
●生理(月経)周期が不規則な方は最近の2~3周期の中で一番短かった周期を目安にして、次回生理(月経)開始予定日を決めてください。

<検査のしかた>
検査開始日から、1日1回、毎日ほぼ同じ時間帯に検査をしてください。(過去に検査をしてLHサージがうまく確認できなかった場合や、今回検査をしたところ陽性か陰性かの判定に迷う場合などには、1日2回検査を行うことで、よりLHサージをとらえやすくなります。)
●検査は以下の手順に従ってください。
●アルミ袋は検査直前に開封してください。
1.チェックスティックのキャップをはずして尿吸収体が下に向くように持ち、尿吸収体全体に直接尿を5秒間かけるか、尿を紙コップ等にとって検査をする場合は、乾いた清潔なものを用い、尿吸収体全体が浸るように20秒間、尿に浸けてください。(採尿後はできるだけ速やかに検査をしてください。)
 ※このとき、判定窓を尿で濡らさないように気をつけてください。
 ※採取した尿で検査をする場合は、尿吸収体のみを浸してください。
 ※尿を5秒以上かけたり、20秒以上浸けないでください。
2.濡らし終わったら尿吸収体を下に向けたままキャップをしてください。
3.平らなところに判定窓が見えるように置き、3分間静置してください。

<判定のしかた>
●まずチェックスティックの判定窓にコントロールライン(矢印から遠いライン)があらわれていることを確認してください。
●判定は判定窓のコントロールラインとテストライン(矢印に近いライン)の青色ラインの有無及び色の濃さを比較して判定してください。
●10分を過ぎての判定は避けてください。
●初めて陽性になったときが、LHサージが検出されたということであり、間もなく排卵がおこるというしるしです。
【陰性(-)】
テストラインが認められない(スコア1)か、テストラインの青色の濃さがコントロールラインより薄い場合(スコア2)
LHサージが検出されませんでした。翌日以降もほぼ同じ時間帯に陽性になるまで検査を続けてください。
【陽性(+)】
テストラインの青色の濃さがコントロールラインの青色と同じ(スコア3)か、それより濃い場合(スコア4)
LHサージが検出されました。間もなく排卵がおこると予測されます。初めて陽性になった日かその翌日が最も妊娠しやすい時期(排卵日)です。
●実際にあらわれるラインの色・形は例示と異なる場合があります。
●判定窓にコントロールラインが認められない場合は、尿吸収体にしみこませた尿が少なかったこと等が考えられますので、別のチェックスティックを用いて検査をやり直してください。

【採尿に関する注意】
●にごりのひどい尿や異物がまじった尿は、使用しないでください。
●検査前4時間程度はできるだけ排尿しないでください。
●検査前に、水分を過剰にとらないでください。
●検査前に多量の発汗を伴う運動は避けてください。

【検査手順に関する注意】
●採尿後は、速やかに検査を行ってください。尿を長く放置すると検査結果が変わってくることがあります。
●操作は、定められた手順に従って正しく行ってください。

【判定に関する注意】
1.検査初日から陽性になった場合
既に排卵された可能性があります。妊娠を望む場合は、できるだけ早く性交することで、妊娠の可能性が高まります。また、陰性に変わることが確認できるまで検査を続けてください。(確認できない場合は、〓を見てください。)
2.検査期間中、陰性が続く場合
早期に医師又は薬剤師に相談してください。
通常、排卵期に、本品を使用すると陽性となりますが、女性の内分泌的背景、例えば不規則な生理(月経)周期、短期LHサージ(12時間以内)などの原因で、まれに陽性とならないことがあります。
3.検査期間中、陽性が続く場合
早期に医師の診療を受けてください。
妊娠、分娩後、流産後、胞状奇胎・絨毛癌等の絨毛性疾患、人工妊娠中絶後、あるいは不妊治療のための薬剤投与、内分泌障害、閉経期などでは、排卵と無関係に、陽性が続く場合があります。
4.検査をし、その都度陽性を確認した上で適切な時期に性交しても6周期以上妊娠しない場合
妊娠しにくい原因は排卵に関する問題だけではありません。できればパートナーと一緒に医師に相談してください。ただし30歳代後半以上の方、結婚後妊娠できない期間が長い方、早期の妊娠をご希望の方は早めに受診することをお勧めします。

【成分・分量】 (チェックスティック1本中)
マウスモノクローナル抗β-LH抗体結合青色ラテックス粒子   14.6 μg
ウサギポリクローナルIgG結合青色ラテックス粒子       5.57 μg
マウスモノクローナル抗α-LH抗体               1.2 μg
ヤギポリクローナル抗ウサギIgG抗体             0.48 μg

【保管及び取扱上の注意】
1.小児の手の届かない所に保管してください。
2.直射日光を避け、湿気の少ない所に保管してください(1~30℃)。
3.冷蔵庫内に保管しないでください。冷蔵庫への出し入れにより結露を生じ、検査結果に影響を与えるおそれがあります。
4.品質を保持するために、他の容器に入れ替えないでください。
5.アルミ袋は使用直前に開封してください。
6.使用期限の過ぎたチェックスティックは使用しないでください。
7.判定窓を尿やその他の液体で濡らさないでください。
8.本キットを分解して使用しないでください。

その他の添付文書記載内容 【検査結果】
排卵から約2週間後に、生理(月経)は始まります。LHサージをとらえるために、次回生理(月経)開始予定日の17日前から検査を開始すると、生理(月経)予定にずれが生じない典型的な例では、検査開始から約3日目に初めて陽性があらわれます。(検査結果には個人差があります。また、あくまで典型的な例であり、異常がなくてもずれる場合があります。)

【検出感度】
40 mIU/mL

【保管方法・有効期間】
保管方法   室温保存
有効期間   24カ月間(使用期限は外箱に記載)

【問合せ先】 株式会社アラクス チェックワンLH相談室
〒460-0002  名古屋市中区丸の内三丁目2-26
052(962)2203
9:00~16:30(土・日・祝日を除く)

発売元:株式会社アラクス

区分:第1類医薬品・日本製

「医薬品販売に関する記載事項」(必須記載事項)

医薬品の使用期限につきまして
当店で販売する医薬品の使用期限まで12か月以上の商品です。
文責:ドラッグストアマツダ(TEL0183-52-2156) 薬剤師 松田均

排卵日検査薬 排卵日が約1日前にわかる!! 【第1類医薬品】チェックワンLH・2 排卵日予測検査薬 10回用×2箱(合計20回分)

植物を鉢植えで育てる...

観葉植物は、文字通り観賞用なのでインテリアとして役立ちますし...

カモミールの育て方に...

カモミールはハーブの一種です。ハーブというのは、食用や薬用に...

サボテンやアロエなど...

多肉植物は、葉や茎に水分を蓄えることのできる植物です。サボテ...

ユッカという観葉植物...

リビングルームや廊下の片隅に一つ観葉植物を置いておくだけで、...

カンパニュラの育て方...

カンパニュラは、釣り鐘のような形の大ぶりの花をたくさん咲かせ...

緑のカーテンに最適な...

ここ数年毎年猛暑が続き、今や日本は熱帯よりも熱いと言われてい...

初心者でも簡単な観葉...

最近は趣味として、ガーデニングなどを楽しんでいる方がどんどん...

家庭菜園を行う場合の...

自宅で植物を栽培する場合、その育て方にはいくつかのコツがあり...

自宅で植物を育てよう

部屋に植物があると生きたインテリアにもなり、その緑や花の華や...

リパリスの育て方

特徴としては、被子植物になります。ラン目、ラン科、クモキリソ...

リンゴの育て方

リンゴの特徴として、種類はバラ目、バラ科、サクラ亜科になりま...

ナスタチュームの育て...

黄色やオレンジの大きな花をつぎつぎと咲かせるため、ハーブの利...

ウラムラサキの育て方

ウラムラサキの歴史に関しては、ミャンマーやタイが原産地となっ...

スノーフレークの育て...

スノーフレークは、ヨーロッパ中南部が原産です。ハンガリーやオ...

風知草の育て方

風知草はイネ科ウラハグサ属の植物です。別名をウラハグサ、また...

お洒落なハーブの育て...

お洒落なハーブを自分で育てることが素敵だと思いませんか?最近...

パッションフルーツの...

パッションフルーツは和名をクダモノトケイソウという、アメリカ...

コルディリネ(Cor...

屋内で育てる場合には鉢植えになりますが、葉の色彩を落とさない...

アーモンドの育て方

アーモンドの主要である、カリフォルニアでは、どのようにして身...

つるありいんげんの育...

インゲンは17000種に及ぶ植物、多くの渡り鳥の生息地で知ら...

カカオの育て方

そんなカカオの特徴はどのようなものなのでしょうか。前途のよう...

ヘスペランサの育て方

ヘスペランサは白い花を持つ美しい植物でり、日本だけに留まらず多くの愛好家がいます。花の歴史も深く、大航海時代にまで遡る事...

トロリウスの育て方

”トロリウス”とは、ヨーロッパや北アジアを原産とした宿根多年草です。キンポウゲ科、キンバイソウ属になり別名キンバイソウと...

ドイツアザミの育て方

この花はキク科アザミ属に属します。ドイツとありますが日本原産です。生息地も日本となるでしょう。多年草で、耐寒性があり耐暑...

奇想天外(ウェルウィッチア)の育て方

ウェルウィッチアは生息地をアフリカのアンゴラ及びナミビアのナミブ砂漠にしている裸子植物の一つです。日本では2つの和名があ...

ロータスの育て方

「ロータス」は、北半球の温帯、主に地中海付近の島国を原産として約100種類もの品種が存在するマメ科ミヤコグサ科の多年草で...

メカルドニアの育て方

メカルドニアはオオバコ科の植物で原産地は北アメリカや南アメリカですので、比較的暖かいところで栽培されていた植物です。だか...

マリモの育て方

また日本以外はどうかというと、球体のものは、アイスランドのミーヴァトン湖やエストニアのオイツ湖などで確認をされているとい...

ホメリアの育て方

ホメリアは庭植えの場合に関しては、数年植えっぱなしでもそのままの状態で育つことができます。毎年球根を掘り上げるよりも、花...

ヘリオフィラの育て方

ヘリオフィラはアブラナ科の植物で小さな青い花を咲かせてくれます。つぎつぎと花を楽しむことができる植物になっています。南ア...

ブルメリア・クロセア・オーレアの育て方

ユリ科という情報が多いので、ユリ科の同じような植物が近縁種ではないかということもわかります。ネギ科は、もともとユリ科だっ...

ヒマラヤユキノシタの育て方

ヒマラヤユキノシタとは原産がヒマラヤになります。おもにヒマラヤ山脈付近が生息地のため、周辺のパキスタンや中国やチベットな...

ハシカンボクの育て方

ハシカンボクは日本が原産とされる植物です。漢字で書くと波志干木となりますが、その名前の由来はわかっていません。また別名を...

スポンサーリンク

ヘリアンサスの育て方

特徴としてはまずどの種類に属するかがあります。キク科のヘ...

オシロイバナの育て方

日本に入ってきたのは江戸時代に鑑賞用として輸入されたと言...

芝生の育て方

芝生には様々な特徴があります。原産地によって育つ時期や草...

ニゲラの育て方

地中海沿岸から西アジアが原産の一年草の植物です。ニゲラの...