3182円 5歳からの子供も使える口内炎に直接貼れるフィルムタイプ 【指定第2類医薬品】トラフル ダイレクト 12枚 ×4個 口内炎 医薬品・コンタクト・介護 医薬品・医薬部外品 医薬品 口中 指定第二類医薬品 5歳からの子供も使える口内炎に直接貼れるフィルムタイプ !超美品再入荷品質至上! 指定第2類医薬品 トラフル ダイレクト 12枚 口内炎 ×4個 shitomichi.com,5歳からの子供も使える口内炎に直接貼れるフィルムタイプ,3182円,【指定第2類医薬品】トラフル,/Diegueno597480.html,ダイレクト,12枚,口内炎,×4個,医薬品・コンタクト・介護 , 医薬品・医薬部外品 , 医薬品 , 口中 , 指定第二類医薬品 3182円 5歳からの子供も使える口内炎に直接貼れるフィルムタイプ 【指定第2類医薬品】トラフル ダイレクト 12枚 ×4個 口内炎 医薬品・コンタクト・介護 医薬品・医薬部外品 医薬品 口中 指定第二類医薬品 shitomichi.com,5歳からの子供も使える口内炎に直接貼れるフィルムタイプ,3182円,【指定第2類医薬品】トラフル,/Diegueno597480.html,ダイレクト,12枚,口内炎,×4個,医薬品・コンタクト・介護 , 医薬品・医薬部外品 , 医薬品 , 口中 , 指定第二類医薬品 5歳からの子供も使える口内炎に直接貼れるフィルムタイプ !超美品再入荷品質至上! 指定第2類医薬品 トラフル ダイレクト 12枚 口内炎 ×4個

5歳からの子供も使える口内炎に直接貼れるフィルムタイプ 超美品再入荷品質至上 推奨 指定第2類医薬品 トラフル ダイレクト 12枚 口内炎 ×4個

5歳からの子供も使える口内炎に直接貼れるフィルムタイプ 【指定第2類医薬品】トラフル ダイレクト 12枚 ×4個 口内炎

3182円

5歳からの子供も使える口内炎に直接貼れるフィルムタイプ 【指定第2類医薬品】トラフル ダイレクト 12枚 ×4個 口内炎




トラフル ダイレクト 12枚×4個 (指定第2類医薬品) 第一三共ヘルスケア

しみて美味しく食事がとれない、痛くてしゃべるのがつらい気になって仕事に集中できないといったトラブルに。

◆トラフル ダイレクトは、副腎皮質ホルモン(ステロイド成分)のトリアムシノロン
◆アセトニドを配合した口腔内溶解型フィルム製剤です。
◆患部に貼付し、直接効く、口内炎治療薬です。貼っている間は、歯や食べ物などの刺激から患部を守ります。貼ったときの違和感も少なく、口の中で徐々に溶けてなくなるので、はがす必要がありません。
◆薄さ約0.17mm、無味・無臭のフィルムタイプ。薄いフィルムから有効成分が溶け出し、口内炎にダイレクトに効いていきます。

「口内炎(アフタ性)」とは
頬の内側や舌、唇の裏側などに、周りが赤っぽく、中央部が浅くくぼんだ白っぽい円
形の痛みを伴う浅い小さな潰瘍(直径10mm未満)が1 数個できた炎症の総称です。
栄養摂取の偏り、疲労、睡眠不足、ストレスなどが関与すると言われていますが、原因は明確ではありません。

[効能・効果]
口内炎(アフタ性)

5歳からの子供も使える口内炎に直接貼れるフィルムタイプ 【指定第2類医薬品】トラフル ダイレクト 12枚 ×4個 口内炎

  • ネオジム磁石
    製品情報

    現在、世界で最も強力な磁石です。わずか数cmの大きさで、10kg以上の吸着力!アイデア製品、新製品開発に最適です。

  • サマコバ磁石
    製品情報

    温度特性に優れているため温度安定性が要求される用途に適しています。防錆のための表面処理は不要です。

  • フェライト磁石
    製品情報

    酸化鉄を主原料にしているため、低コストが重視される用途に向いています。錆の心配はありません。

  • 表面磁束密度
    吸着力計算

    ご希望の磁石の表面磁束密度、吸着力、限界使用温度などを計算いたします。径方向着磁にも対応いたしました。

  • 磁石・磁気の
    用語辞典

    磁石・磁気に関する用語解説集。専門書にも負けない豊富な内容で、初心者からプロまで幅広くご利用いただけます。

  • 磁石の歴史

    大昔の磁石、磁気科学の歴史、強力な磁石が出現した背景など多くの図表を使って解説しています。

メールアドレス
リメンバーNeoMag通信 【電池の基礎シリーズ(1)】
2012年10月配信
1.電池の始まり
1660年頃、ドイツの物理学者ゲーリックは、イオウのボールの回転による摩擦で静電気を発生させる“摩擦起電機”を発明しました。その後1700 年代に入り、米国の独立宣言起草者の一人でもあるベンジャミン・フランクリンが電気には“プラスとマイナス”があることを提唱し、1752 年の有名な凧揚げ実験で、電荷がライデン瓶と呼ばれた蓄電器に集められて、雷が摩擦電気の放電現象と同じ現象であることを証明しました。
ゲーリックの摩擦起電機により静電気の研究は進展してゆきましたが、実用化を熱心に考えていたのは当時の医者でした。そんな中で1780年、イタリアの解剖医のガルバーニが、死んだカエルの足が金属のメスに触れるとけいれんを起こしたり、鉄柵に吊るしたカエルの足が雷の発生とともにピクピク動くことを見つけ、1791年その原因は動物電気(ガルバーニ電気)によるものだという論文を発表しました。
磁石関連用語PickUp
ネオマグFacebook